疲れやすいときは

疲れやすいときは

体が妙に疲れやすいときもありますね。睡眠不足、体の中の酸素不足や老廃物が溜まっている、循環が悪い、どこかが冷えているときにそうしたことは起こりやすいようですね。ストレスや体の痛さを減らしてあげるためにした、ストレッチや運動がより疲れの原因になってしまう事もあります。

 

 

 

これはどうして起こるのでしょうか。体のことを考えてしたことでも、間違った方法や、筋肉の緊張、筋肉痛を起こしてしまったりすることもあるようで、なかなかうまくいきません。疲れているときは疲労物質である乳酸が体の中に沢山溜まっているので、その乳酸を体外に出してあげないと慢性疲労というものは改善はしません。

 

 

 

とても疲れやすいときは体が酸性に偏っています。酸性になると神経からの信号の伝達が鈍くなります。そして循環が悪くなっているのでより乳酸が体のなかに溜まりやすいという悪循環になってしまいます。

 

 

 

乳酸を減らすためには酸っぱいもの、クエン酸や酢酸が効果的です。新しい乳酸をつくるのを防いでくれるので、疲れをいやしてくれます。すっぱいものが食べたい、イコール疲れているときなのかもしれません。整体やマッサージで体の循環機能を高め、乳酸を早く体外に出してしまいましょう。

 

 

 

十分な休養と睡眠、マッサージやお風呂、日頃から代謝を良くする為によく動くことが大事です。集中的に運動するよりはこまめに軽い運動をしているほうがいいです。無酸素運動より有酸素運動を。