反射区

反射区

末梢神経が集まっているところ、それを足揉みなどを行う方々は、反射区と呼びます。体の隅々に関連する部分があり、そこを刺激したりもんだりすることで、血液やリンパ液の流れがよくなり、新陳代謝が活発化し、痛い、不快だ・・という症状を除去することができます。

 

 

 

ツボのように1点を指すのではなく、一定の範囲を指すのが特徴です。足揉み、リフレクソロジーを行う方々は、左右の足の反射区の範囲などを表す図表を心得ていて、不快な症状を取り去ってくれます。足の裏の左右によっても違います。

 

 

 

また、足の甲、足首、側面などにも存在しますから、これを記憶するだけでも大変な苦労しそうです。足のつま先部分には頭部、親指にはとても大切な脳に関連する区があります。かかとの方に向かっていくと、下半身の器官の区になっていきます。

 

 

 

心臓、左肺は左に、胆のう、右肺は右足に。足裏は体を表していると考えて、足つぼを覚えていくと、記憶しやすいでしょう。