二指軽擦法

二指軽擦法

軽擦法の中には様々な手技がありますが、手掌、母指、二指などの方法があります。手のひらを利用するのが手掌、親指を使うのが母指、人差指と中指の2本の指を利用して軽擦法を行うことを二指軽擦法と言います。

 

 

 

いずれの方法も、皮膚の神経を刺激することで血管を拡張し、血液の流れをよくするという目的で行われます。手掌部分で行う軽擦法の場合、大きな範囲で行われます。

 

名古屋の栄でカイロプラクティックをするなら

 

例えば胸、腹、背中、腰、お尻などです。母指の場合には、手、足などの狭い範囲を行う場合に用いられます。二指で行う場合には、手の指や足の指、また四肢の局所にマッサージを行いたいという時に、この二指軽擦法を使います。
風俗エステの求人ならこちらをチェック。
 

 

二指のほかにも、四指、把握、指背などの方法があります。痛みがかなりある、幹部が狭い、という部分に利用するのが、「指」を利用した軽擦法で、痛みが少ない、また軽擦法を行う範囲が広いという場合の手技が、手掌などの大きな面で行うマッサージになります。手技は本当に方法が多いですね。