つぼを指圧しない方がいいとき

つぼを指圧しない方がいいとき

つぼの指圧法はとても便利で、いいことばかりの様ですが悪い点もあります。からだの調子が悪い場合など刺激しない方がいいつぼというのもあります。つぼをどれくらい押したらいいのかと言えば、二十分前後でしょうか。

 

食後少し間をおいてやりましょう。またゆったりとした気分でやると効果が出るでしょう。何日も続けてやる必要はなく、一回やったらお休みしてもいいでしょう。しかし一度で治るものと、そうでないものがありますから自分で指圧してみてなおらないなと思ったらプロに任せましょう。

 

症状にもよりますがこれまでに長い間出ていた症状の場合、治療もそれだけ時間がかかるでしょう。しかし、最近でてきた症状だとしたら短期間で治る可能性もあります。治療を途中にも関わらずやめて、時間をかけてから再開するとまた位置からやり直しということになりかねません。そこまでいかなくても治療が長期化することもあります。

 

つぼマッサージは腰痛などにも効果がありますが、全ての腰痛に効くわけではありません。大病を患っている場合その関係で引き起こされた痛みなどは治らない可能性が高いです。老化などからきた痛みも効果は薄いでしょう。

 

また、動けないほどの疲労状態となったときにはつぼを刺激するのをやめましょう。つぼマッサージを始めた頃、健康な状態でつぼを刺激した場合ちょっとした疲労状態になることがあります。こいったものは、マッサージに慣れていくと無くなっていくのですが、無くならない場合は施術者と相談してください。