プロテーゼ挿入法のバックの種類

プロテーゼ挿入法のバックの種類

豊胸手術の定番として良く知られているプロテーゼ法は、バックと呼ばれる異物を挿入する方法です。

 

バックにもいろいろと種類があり、バイオセル、メモリージェル、CMC、コヒーシブシリコン、シリコン、生理食塩水に分けられます。シリコンバックと生理食塩水バックについては感触が良くなく、損傷しやすい、更にマッサージも続けなければいけないなどデメリットが幾つかあり使用している病院はほとんどありません。

 

今、主流となっているのはソフトコヒーシブバッグとなっていています。バイオセルバックとメモリージェルバックに関してはそれ以上に性能が優れていますが、価格が高いのが難点です。前までは異物を挿入している事に違和感を感じる方も多くいましたが、技術が発展した今、気にならないという患者さんは少なくありません。

 

皆さんももしコンデンスリッチ豊胸手術に対して興味があるのであればプロテーゼ挿入法も検討してみてはいかがでしょう。傷も目立たなく綺麗に仕上がりになるようなのであまり抵抗なく出来るそうです。